日本ケミカルバイオロジー学会 第12回年会
The 12th Annual Meeting of Japanese Society for Chemical Biology

ご挨拶

この度、平成29年6月7日(水)〜 9日(金)に、北海道大学クラーク会館におきまして、日本ケミカルバイオロジー学会年会(第12回)を開催させて頂く事となりました。謹んでご案内申し上げます。

日本ケミカルバイオロジー学会(JSCB)は、2005年に発足したケミカルバイオロジー研究会を前身として2008年に設立され、日本におけるケミカルバイオロジー研究の推進と発展に大きく貢献して参りました。グローバルな流れとして国際ケミカルバイオロジー学会(ICBS)の設立にも大きな役割を果たしてきております。また、毎年開催される年会は、研究者の情報交換、交流の場として大変重要となっております。本年、初めて北海道で開催させて頂くことになり、大きな喜びと責任を感じております。

現在、アカデミア創薬が強く期待される状況において、生物系アッセイ・イメージング・創薬化学と統合的な研究開発が重要となってきており、その中心にケミカルバイオロジー領域は位置するものと言えます。今回の大会では、さらに構造生物学的視点も加え、学会員が一同に会し、広い研究分野をつなぎ、情報を交換することは大変有意義になると期待しております。

参加者の皆様に活発にご議論いただき、我が国のケミカルバイオロジー研究がさらに盛り上がる機会となりますよう、実行委員・プログラム委員一同精一杯準備を進めて参る所存です。

皆様の絶大なるご支援とご協力を賜りますよう、何とぞ宜しくお願い申し上げます。

日本ケミカルバイオロジー学会 第12回年会
年会長
前仲 勝実
(北海道大学・大学院薬学研究院)

前仲 勝実